【デスマーチ攻略】『ウィッチャー3』 自由都市ノヴィグラド編

PS4最高傑作と名高いウィッチャー3。
発売から3年以上経っても色褪せない名作です。

今回からウィッチャー3の最高難易度デスマーチでストーリーを進めます。
難易度はまさしく死の行進です。

全てのRPGの王様を攻略していきます!

前回までのデスマーチ

  1. 新領域ヴェレンでシリ探索開始
    →死体があちこちに転がる
    →暗い湿地帯
  2. キーラ・メッツとの冒険
    →キーラはケイア・モルヘンへ
    →死亡ルート回避
  3. 血塗れ男爵にシリの手掛かりを教わる
    →代わりに男爵の依頼をこなす
  4. 男爵の妻は呪われ死ぬ、男爵は縊死
    →男爵情報ではシリがノヴィグラドへ渡る

ここが辛いよデスマーチ

いきなり襲われる

自由都市ノヴィグラドはヴェレンに比べて明るい雰囲気です。
人が密集しており、活気のある広大な街です。

ノヴィグラドは君主が不在の自由都市です。
そのため、様々な勢力が凌ぎを削っています。

ゲラルトは路地を歩くだけで暴漢に襲われます。
ホアソンジュニア、聖堂騎士団、ごろつき、盗賊が急に剣を抜いて襲いかかって来ます。

ゲラルトは相変わらずクエン頼みです。
クエンを張らないとガードだけではどうにもなりません。

複数で後ろを取られたら瞬殺されます。

○ボタン有効

○ボタンの回避がとても有効です。
怪物相手でも人間相手でも○ボタン一択です。

「クエン+○ボタン」があれば大抵は苦境から脱せれます。
欲をかいて、一気に畳み掛けると一方的にやられます。

武器職人が雑魚

ノヴィグラドの武器職人は腕のいい人がいません。
「ハットリ」という名匠が存在しますが、トラブルに見舞われて機能しません。

ハットリを解放するには「推奨レベル24」のサブクエストをクリアするのが必要です。
これを超えるまでは武器は並みの職人でやりくりしないといけません。

どの道レベルが上がらないと上位武器は使用できませが…
コツコツサブクエストをこなしてレベル上げです。

この時点では武器にこだわりを持たず、戦闘技術を向上させます。

自由都市 「ノヴィグラド」

複雑な勢力図

自由都市ノヴィグラドは広大です。
広大な自由都市は「自由」の名の下に君主が存在しません。

体裁はレダニアの支配領域とされています。
しかし、レダニアも戦争状態でありノヴィグラドを掌握できません。

レダニア国王ラドヴィッツは求心力に欠き、体制は盤石ではありません。

宗教組織「永遠の炎教団」がノヴィグラド内部を感染しています。

ビッグフォー(BIG4)

外面は「レダニア」、内面は「永遠の炎」がノヴィグラドを支配します。
そして、水面下ではビッグフォー(BIG4)と呼ばれる闇の権力が凌ぎを削ります。

併せて6つの勢力がノヴィグラドを支配しようと企んでいます。

この勢力争いにゲラルトが絡み、クエストが進みます。
この勢力争いがめちゃくちゃ面白く、このゲームのハイライトです。

物乞いの王

フランシス・べトラムは「物乞いの王」と名乗ります。
ビッグフォーの一角です。

2000年間、王による統治がないノヴィグラドで王として君臨を目指します。
「物乞い」の異名だけあり、泥棒、物乞い、商売女、魔術師たちをまとめ上げるアングラ集団の長です。

ゲラルトがノヴィグラドに入ると最初に接近する勢力です。

ホアソンジュニア

ノヴィグラドを拠点に巣食う犯罪組織のリーダーです。
ビッグフォーの一角ですが、他のBIG4からは異端扱いされています。

ホアソン一味は賭場、地下闘技場、娼館を経営します。

ホアソン自身は猟奇的な性格で彼の仲間も奇抜な風貌です。
ホアソンはレダニアの王ラドヴィットと裏で密約し、他のビッグフォー殺害を企みます。

ホアソンはシリの有力な情報を抱えています。

ディクストラ

ビッグフォーの1人。

かつてのレダニア軍諜報部員のディクストラは今や闇社会の一角を担います。

ディクストラはゲラルトの知り合いです。
互いに不愉快な印象を抱いています。

ディクストラの野望はレダニア国王ラドヴィットの死。
そして、レダニアの玉座に腰をかけることです。

正気の失ったラドヴィットを暗殺し、愛国者としてレダニアを復活させようと試みます。
ゲラルトとは利害関係が一致して、協力関係にあります。

仲間という訳ではありません。

クリーヴァー

ドワーフでビッグフォーの1人。
異種族共存主義者と自身では唱えるが、それは全て自分の商売のため。

ドワーフらしい気質の荒さからいざこざが絶えません。

短気な性格で知られており、ホアソンジュニアに対する怒りは凄まじいです。
犯罪行為を厭わない集団でノヴィグラドの支配を企んでいます。

トリス・メアゴールド

ゲラルトは古い恋仲であるトリスを訪ねます。
シリがトリスを訪ねた可能性があり、情報を探し出します。

残念ながらトリスはシリの行方を知りませんでした。
トリスは魔術師でノヴィグラドでは魔女狩りが行われています。

魔術師追放から逃れるためにゲラルトはトリスに手を貸します。
魔術師解放運動の際には、2人の距離は再び急接近します。

ダンディリオン救出作戦

ノヴィグラドでのシリ救出作戦に行き詰ったゲラルト。
そんな時、友人であるダンディリオンがシリと行動していたことを知ります。

ダンディリオンにシリの情報を求めに行くゲラルトですが、彼の姿はありません。
ダンディリオンはシリと行動を共にしていた際、聖堂騎士団に捕まります。

ゲラルトは友人であるとゾルダン、ダンディリオンの恋人である吟遊詩人のプリシラと共にダンディリオンを奪還作戦を始めるのでした。

結論

メインストーリーからそれて、色々な権力争いが起きています。
とても濃厚なストーリーで早くも満腹気味です。

シリの探索よりノヴィグラドの支配を巡る攻防から目が離せません。
次回はシリの痕跡を追って、イエネファーのいるスケリッジ諸島へ向かいます。

▽ゲームレビューのまとめはこちらからどうぞ

【全レビュー】PS4のゲームソフトをランキングする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。