【デスマーチ攻略】『ウィッチャー3』 血塗れ男爵とキーラ編

PS4最高傑作と名高いウィッチャー3。
発売から3年以上経っても色褪せない名作です。

今回からウィッチャー3の最高難易度デスマーチでストーリーを進めます。
難易度はまさしく死の行進です。

全てのRPGの王様を攻略していきます!

前回までのデスマーチ

●前回までのデスマーチ
ホワイトオーチャード編

  1. ホワイトオーチャードでイエネファー探し
    →ヴェセミルと共に農村を彷徨う
  2. 手掛かりを辿り、二フルガード駐屯地へ
    →イエネファーの情報集め
  3. グリフィンの討伐を依頼される
    →二フルガードの司令官に依頼される
    →交換条件でイエネファーの情報を得る
  4. イエネファーと再開し、皇帝に招かれる
    →皇帝エムヒルに謁見
    →養女シリが行方不明だと告げられる
  5. ゲラルトがシリを探す旅へ
    →ヴェレン、ノヴィグラドへ旅立つ

 

ここが辛いよデスマーチ

ヴェレンはやること一杯

ヴェレンに渡るとマップが急拡大します。
村々でクエストを受注しつつ、「?マーカー」を潰していきます。

経験値集めの選択肢が増えるので一気に楽しさが増します。

しかし、クエスト、マーカーのレベル錯誤も発生します。
デスマークには近づかないのは、この世界の常識です。

アルグールレベル5の一撃で死亡します。
アルグール2体相手にするとクエンの効果が追いつかず、何度も死にました。

まさか、アルグール2体に困惑するとは思いもしませんでした。
ヴェレンではどの敵と戦っていいのか理解するまでに結構、やられてしまいます。

分岐に迷う

ヴェレンから、分岐が発生し始めます。

ヴェレンでの重大な分岐は2つです。
「キーラ・メッツの処遇」と「血塗れ男爵の末路」です。

デスマーチのため、サブクエストをほぼ全てこなしています。
→経験値稼ぎのため

そのため、よりストーリーへの理解が進みました。
結果、メインクエストの分岐も楽しみながら選びます。

急がば回れで楽しさが増しました。

キーラ・メッツ

キーラは後々のストーリーに影響を与える重要人物です。
キーラ死亡ルートとキーラ生存ルートがあります。

死亡ルートにも「ラドヴィッツによる串刺し」or「ゲラルトによる討伐」が分岐します。

1周目ではキーラと親密になろうとしていたのに「ゲラルトのキーラ討伐」ルートを選んでしまいました。
そのため、今回は慎重に慎重にキーラと会話をします。

キーラの研究クエストが分岐の鍵を握っています。
慎重に選択肢を選んで、無事キーラはケイア・モルヘンへ向かいました。

キーラは後のケイア・モルヘンの戦いに登場するでしょう。

血塗れ男爵

ヴェレンの旅における中心人物が「血塗れ男爵」です。
男爵をメインにストーリーが進行します。

2週目の今回は「男爵縊死」ルートを辿りました。
村が木の悪霊に破壊され、男爵の奥様は死亡、孤児は助かるという結果です。

「男爵生存」ルートは男爵と奥さんは旅に出ます。
どちらのルートにしろ、男爵は今後のストーリーに登場しません。

 

薄暗い湿地帯 「ヴェレン」

キーラ・メッツ

キーラはゲラルトの友人である女魔術師です。
田舎を嫌っており、ヴェレンでの生活には不満を抱えています。

ただ、ノヴィグラドでは魔女狩りが発生しているため、ヴェレンでひっそりと暮らしています。

ゲラルトはキーラにシリの行方を尋ねます。
キーラからは有力な情報が得られませんが彼女と一緒にシリの痕跡を探すことになります。

ゲラルトとキーラはワイルドハントがシリを追っている現場を掴み追跡します。
遺跡の中ではワイルドハントの使い魔との戦闘も繰り広げました。

キーラの誘い

サブクエストではキーラからお遣い依頼を頼まれます。
キーラの企みは禁じられた研究成果を手にすることでした。

研究成果を見上げに魔女嫌いの国王ラドヴィッツに、自分の身柄を保証しようと画策します。

危険な研究成果を悪用することを怖れるゲラルト(自分で選択したルート)はキーラと意見が食い違います。
食い違いを放っておくと「キーラvsゲラルト」ルートへ突入し、キーラは死亡します。

そのため、ゲラルトは「ケイア・モルヘンへ行ってはどうか?」という提案をします。
キーラは躊躇いながらもゲラルトの提案にのり、ケイア・モルヘンへ旅立ちました。

血塗れ男爵

ヴェレンでは血塗れ男爵が鍵を握ります。
なんと血塗れ男爵はシリを保護し、彼女の情報を掴んでいたのです。

ゲラルトは血塗れ男爵に依頼しシリの情報を聞き出します。
男爵はシリの情報と交換条件に「失踪した妻と娘を探せ」とゲラルトに要求します。

ゲラルトはシリの情報のために男爵の依頼を飲みます。

流産した子供

男爵の妻はアンナは男爵を心底嫌っていました。
彼との間に出来た子供を流産させようと森の貴婦人(魔女)と呪いの契約を交わしてしまいます。

森の貴婦人によって、アンナは子供を堕胎させました。
そして、アンナは森の貴婦人の使い魔に陥ります。

この貴婦人はたぶん後々登場するボスキャラだったと記憶しています(違ったかも?)。
ボッチリングの話は切ないけどいい話です。

男爵の縊死

男爵のストーリーには確認しているだけで2つのルートがあります。
「妻が呪いから解放されて、男爵と仲直りするルート」
「妻が呪いの解放と共に死亡し、男爵はショックで自殺するルート」

1周目は男爵生存ルートでした。
2週目は男爵自殺ルートです。

特になにも考えずにプレイしていたのですが、どうやら森の貴婦人の依頼に分岐があるようです。
貴婦人の依頼で「囁きの丘」というクエストに分岐があるみたいです。

封印された木を殺すと男爵生存ルートかな?

結論

シリヘは近づいている感じはしませんがどんどんと楽しくなってきます。
ノヴィグラドの雰囲気はヴェレンよりはマシです。

▽ゲームレビューのまとめはこちらからどうぞ

【全レビュー】PS4のゲームソフトをランキングする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。