【微妙レビュー】『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』playする映画、微妙…

『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』をレビューします。
(個人的な見解なので参考までに)

ソニー作品でハード最高峰の高画質がウリです。
ナンバリング作品の4作目。

Amazonのレビュー4.2
かなり好評です。

4.2/10

序盤でワクワクしなければ絶望

シリーズ初プレイ

PS3からの大人気シリーズです。
4作目にして初プレイでしたが、気に入りませんでした。

画質はすごい、ストーリーも王道。
迫力だけはまさに映画級。

だからこそ、プレイ性の気持ち悪さが目立ちます。

次の展開がなんとなく読めます。
プレイしていても「ここは崩れるわ」とか、「そろそろ敵くるわ」と大抵読みが当たります。

展開が読める映画ほど萎えるものはありません。

シリーズ未プレイだからか主人公ネイトにもなりきれません。
シリーズ好きの人は、サリバンの渋さとかで没入していくのでしょう。

自由度は皆無

登場人物は普通の人間のはずですが、並外れた運動神経を有しています。
ジェームス・ボンドやイーサン・ハントをイメージした方がいいです。

主人公は図抜けた運動神経でSASUKE選手を圧倒します。
この能力ですが、1本道を通らされるのが苦痛です。

ゲーム内でクラッシュバンディクーをプレイするシーンがありますが、まさにクラッシュバンディクーをリアルにしたたげです。

オープンワールド好きにとっては非常に窮屈です。

落下死亡判定も曖昧過ぎて萎えます。
超人的な運動神経設定なのに、2m位の落下で死亡判定は萎えます。

ステルス判定も甘い

ゲームレベルが中級(普通)で始めたのですがステルス判定が甘すぎる気がします。
ステルス要素を入れるなら敵AIの制度を上げて欲しいです。

MGSやヒットマンレベルを求めませんが、ちょっと酷すぎます。
そのため、正々堂々と撃ち合いをすることを縛りとしてプレイしました。

『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』のここが凄い

グラフィックは圧巻

グラフィックは今までプレイしたゲームで間違いなく最高レベル帯です。

崖、建造物が崩れる描写は圧巻です。
ゲームもここまで進化しているのかと感嘆ものです。

フルスピードで疾走するカーチェイス。
街並みの作り込みも尋常ではありません。

リアルさにプレイ性を伴わせるのがとても難しい領域です。

べた中のべた

冒険ゲームとして展開はべた中のべたです。
海賊の財宝、生き別れた兄弟、危険度満点の冒険です。

下手に表現すればべたですが、よく言えば王道です。
パッケージ化された冒険ゲームという印象です。

結論

暇つぶしとしては丁度いいくらいです。
あっさりプレイすれば15時間くらいで一周できるでしょう。

シリーズ初体験でもゲームとしては楽しめます。
ただ、より没入したければ、シリーズプレイは必須です。

メインストーリー以外にもモードがあるようでしたが、手が伸びませんでした。

★ゲームレビュー★
8.0~:神ゲー
6.5~:良ゲー
5.0~:悪くはない
3.5~:暇つぶし
2.0~:時間とお金の無駄

▽ゲームレビューのまとめはこちらからどうぞ

【全レビュー】PS4のゲームソフトをランキングする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。