1度は観るべき国内ドラマ 『東京女子図鑑』

おすすめの国内ドラマをレビューしていきます!
今回は『東京女子図鑑』です。

原作は、東京カレンダーウェブサイトで連載された小説です。

水川あさみさん主演の恋愛ドラマです。
東京の様々な街を舞台に、1人の女性の上京から40歳までの成長を描きます。

ざっくり結論から

●主演は水川あさみ
→1人の女性の就職上京~40代までの過程を描く

●街と人と恋
→東京の街と女性の在り方を語る
→その街に住む人と恋が進む

●圧倒的なマウンティング
→男女間、女子同士の格付けがえぐい
→ファーストクラス(沢尻エリカ主演)の現実路線

●誰得な作品
→他者評価の中で生きる辛い人生を投影
→マウントの人生の果ては?

●amazon prime作品
→視聴したい方は『東京女子図鑑』を観るならAmazonprime

『東京女子図鑑』徹底あらすじ

あらすじ

『東京女子図鑑』
没入感
(2.5)
メッセージ
(4.0)
マウンティング
(5.0)
総合評価
(3.0)

物語の主人公、は秋田出身の田舎女子です。

綾は田舎で生まれ育ったことへのコンプレックスを持ちます。
昔から東京への強い憧れを抱き、都会での生活を夢に抱きます。

代理店の彼氏、予約の取れないレストラン、30歳までにジョエルロブション、ハリーウィンストンの婚約指輪

この物語は綾の都会での理想像を追い求めるお話です。
理想を追い求め、都会の人間関係、自分の現実に翻弄される女性の半生を追います。

登場キャラクター

物語の主人公です。
水川あさみさんが演じます。

 

View this post on Instagram

 

春っぽいねぇ。かんぱーい。

水川あさみさん(@mizukawa_asami)がシェアした投稿 –


本作は綾の23歳~40歳までの人生を描きます。

秋田出身の田舎女子である綾は、就職を機に上京します。
綾は、キャリアとしての成功、女としての成功どちらも目指して奔走します。

キャリアの成功を追い求めると、次第に結婚、出産という女の幸せ(定義上)が遠のきます。
綾は、その葛藤の狭間で、東京生活を送ります。

年齢のふり幅を感じさせない水川さんの演技も必見です。

『東京女子図鑑』のここが凄い!

街と人と恋

『東京女子図鑑』では、東京の街・その街に住む人・その街での恋を表現しています。
街の描写がとても巧みで、東京の土地勘がなくても楽しめます。

三軒茶屋

三軒茶屋

三軒茶屋は”万人を受け入れ、生活感溢れる街”です。
綾が上京し、初めて住む街が三軒茶屋です。

三軒茶屋は、来るものを拒まないアットホームな雰囲気に包まれています。
上京したての東京ライフに憧れる人を受け入れてくれます。

綾が出会う三軒茶屋の男は、阿部力さんが演じる直樹です。

直樹は、綾と同じく秋田の田舎出身で波長があいます。
優しく、気さくで、どこにでもある小さな幸せを与えてくれる存在です。

そんな直樹との幸せな時間に、どこか違和感を抱く綾。
自身が追い求めていた東京での幸せと直樹の姿を重ね合わせ、綾が出す結論とは…

恵比寿

 

恵比寿は”赤文字系ファッションを中心とした20代のイケてる女子の街”です。
三軒茶屋の次に綾が移り住んだ街です。

恵比寿は、合コンやデートのため、お洒落で身を纏った女性の歩く街です。
20代の若者が少し背を伸ばし暮らす憧れる街です。

綾は、森崎ウィンさんが演じる隆之と恋に落ちます。

隆之は、東京生まれの東京育ちです。
親も資産家で、自身もエリート商社マンです。

隆之は綾が求めていた東京BOYです。

30歳までにジョエルロブションでデート

という綾の理想まで、あと1歩まで迫りました。

銀座

 

銀座は”1流が集う大人の街”です。
綾が大手外資系企業に転職し、移り住む街です。

銀座は、洗練されたハイブランドの1流が集う街です。
限られた人だけが生活を許される街です。

綾は眞島秀和さんが演じる幸和と恋に落ちます。

幸和は、綾に1流という概念と許されざる恋を与えます。
幸和との間に生まれた、大人の恋の行方が気になります。

豊洲

 

豊洲は”家庭の香りのする街”です。
結婚適齢期を過ぎ、婚活をした綾が移り住む街です。

豊洲は、タワーマンションが立ち並ぶ居住の街です。
キャリアで成功を収めたお1人様、高所得帯の家族が住んでいます。

綾は大倉孝二さんが演じる真人と恋に落ちます。
真人は、大手企業に勤める会社員です。

冴えない容姿ですが、安定した生活基盤と懐の深さに綾はほれ込みます。
子供を授かるリミット、女性としての岐路が描かれます。

代々木上原

代々木上原は”無駄をそぎ落としたスリムな街”です。
綾の物語の最後となる街です。

代々木上原で綾は、自分が目指していた東京の憧れへの疑念を抱きます。
綾が欲しがっていた幸せの再構築が始まります。

綾の東京での幸せはどういったエンディングを迎えるのでしょうか?

 

圧倒的なマウンティング

東京女子図鑑』では、女性特有のマウンティングが惜しみなく描かれます。
主人公も含めて、周囲の人物が痛快なまでにマウンティングします。

キャリアを追い求める女性は、いい男を目的に群がる女性を嘲笑います。
男に媚びを売る女性は合コンに精を出し、キャリア志向の女性を悲哀の目で見ます。

アラフォーで子供のいない女性は、育児に追われる女性を敵視します。
一方で、「子供が自分の幸せ」と呟く主婦には、ひっ迫感と説得力があります。

主人公の綾も、終始マウンティングを繰り返します。
マウンティングを繰り返すことで、綾は自身の幸せとは何かを再認識していきます。

沢尻エリカさん主演のファーストクラスをより現実的に描いた作品です。
豪華キャストが少ないためより現実味を増しています。

 

誰得な作品ではある

綾が行き着いたのは40代を目前に家庭を持たないお一人様です。
他者評価の中で生きる辛い人生を投影しています。

この作品を観て、綾に投影する人はかなり危険だと思います。
個人的には見ていて、スッキリしない展開が続きます。

「三茶編で充分、幸せじゃん」と個人的に思いました。

よく言えば、「一貫して、拗らせている」と評価できます。
ただ、見ていて誰得な作品なのか分かりません。

支持層が不明なため、東京での生活と他者評価へのアンチテーゼとして分類します。

 

まとめ

全11話で構成されています。
1話20分程なので、1日で見終わることが出来ます。

多様な生き方と東京でのライフスタイルへの警鐘を鳴らす作品だと思います。
この作品を観て、「東京で暮らしたい」と思う人はとてもハングリーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。