【微妙レビュー】『Star Wars バトルフロントII』凡庸なファンゲー

『Star Wars バトルフロントII』のレビューです。

PS2時代のヒットコンテンツです。
PS4では2作目にあたります。

SW版のFPSなのでFPSゲームとしては物足りなさを感じるかもしれません。
ファンゲーとして要素が強いのでSWファンは楽しめるでしょう。

ストーリーは帝国軍がルークにより壊滅した後の世界を描きます。
キャンペーンモードは20時間弱で完走できると思います。

ストーリーは1周プレイ

4.5/10

 『Star Wars バトルフロントII』の特徴

暇つぶしにはなる

オフラインを主にプレイする身としては物足りなさはあります。
PS2時代のバトルフロントの面影を探しましたが微妙です。

ストーリーもドラスティックに動くこともなく淡々と進みます。
SWファンがくすぐられる要素(EP1~3好き)は少ないです。

SWが好きな人にはスターファルコンを操作できるという点で暇つぶし程度にはなると思います。
ただ、ゲームとしての完成度はとても低いです。

マルチプレイは中々マッチしないので腹が立ちます
かといって、オフラインで楽しめる要素は少ないので必然的にやり込めません。

前提としてSWファンかどうか

このゲームを楽しめる前提はSWファンかどうかです。
SWに興味がなくFPSゲームとして取り組むと痛い目を見ます。

SWファンなら世界観を楽しめるので、ある程度のゲーム性は補完します。
ゲーム単体としての出来は、特別秀逸ではありません。

FPSゲームとしては及第点にも達していません。

プレイ性に疑問

本作は、地上戦と空中戦に分かれます。

地上戦

地上戦は、変哲ないFPSです。
特徴としては、ヒーローという固有キャラを操作できます。

ヒーローの操作性は抜群に悪いです。
無双ゲーのような爽快感は求めませが、もっさり感が酷過ぎます。

ルークやカイロレン、レイを嬉々として使用するとフルボッコにあい秒殺されます。
ジェダイよりトルーパーが強いという謎のゲームバランスです。

空中戦

空中戦はこのゲームのウリの1つです。
スターファルコンを操作できるのがハイライトといえるでしょう。

空中戦は楽勝過ぎるのが問題です。。
キャンペンーンやAI相手では、1度も墜落することがありません。

操作ミスで岩石に激突して死ぬ以外にリスポーンしません。
リヒトホーフェン気分を味わいたいならアリでが、玄人は楽しめません。

『Star Wars バトルフロントII」のここが凄い

キャンペンーンモード

一応、キャンペーンモードはSWの新作ストーリーです。
アイゼンという女性帝国兵のストーリーを追体験します。

舞台は原作のEP6以降の物語です。

帝国が瓦解する中、アイゼンは帝国の方針に疑問を抱きます。
そして、二転三転し、敵側のレジスタンスへ鞍替えします。

主に、アイゼンの銀河を守る使命の物語と成長を描きます。

ボリューム不足は否めませんが、SWファンならそこそこ楽しめます。

結論

PS2時代の『バトルフロントⅡ』は寝食を忘れてやり込みました。
当時はオフライン環境で、友達とマルチプレイを延々とやり込みました。

陣取り合戦とリアルタイムで変わる戦局が当時は衝撃的でとても印象に残ります。

特にEP3のストーリーを追体験できる楽しさは、ゲーム史に残る名作です。
スターウォーズの醍醐味である壮絶な銀河をめぐる戦いに胸を打たれました。
→PS2の『バトルフロントⅡ』の話です。

PS2時代のバトルフロントのわくわく感には戻れないと悟りました。
SWのコアなファンはプレイしてもいいかもです。

続編を買うことはないのでしょう。

★ゲームレビュー★
8.0~:神ゲー
6.5~:良ゲー
5.0~:悪くはない
3.5~:暇つぶし
2.0~:時間とお金の無駄

▽ゲームレビューのまとめはこちらからどうぞ

【全レビュー】PS4のゲームソフトをランキングする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。