サンドリのアシスタント陣を語る!(安田・イノシシ・石沢)

サンドリの愉快なアシスタント陣を語ります。
有吉さんに罵倒し蹂躙されるアシスタント。

彼らの存在がなければサンドリの魅力も半減します。
アシスタントによって、有吉さんのスタイルも変わります。

アシスタントの個性を抑えて、サンドリを一層楽しみましょう。

安田和博(デンジャラス)

KING of アシスタント

安田さんはサンドリのアシスタントで、最も頻繫に登場します

有吉さんの先輩であり、古き友です。
かつては墓見酒をした仲で竜兵会の同門です。

安田さんはアシスタント総選挙では常に上位にランクインします。

過去の総選挙では、謎の男泣きシーンもありました。
ゲスナーからは最も愛されているアシスタントです。

コントロール型

安田さんのアシスタントスタイルは、コントロール型です。

有吉さんをコントロールできる唯一のアシスタントです。
そのために、安田さん放送回は、ゲストがよく登場します。

1年で最もつまらない放送」で知られる上島師匠回も安田さんがアシスタントを務めます。
年始の上島師匠回には、2012年からアシスタントを務めています。

手綱を唯一握るアシスタント

有吉さんの暴走をコントロールできるのは安田さんだけです
長年の付き合いもあり、気心の知れたアシスタントです。

ノッチさんや山崎モータースさんも有吉さんの先輩です。
しかし、彼らは有吉さんの玩具となってしまいます。

安田さんは先輩として、巧く有吉さんを操縦することが出来ます

有吉さんからは、貧乏ネタで罵倒されます。

「安田」と後輩の有吉さんに呼捨てにされます。
すかさず、「さんな」という合いの手も鉄板のパターンです。

放送作家としての一面

サンドリ内で安田さんは、放送作家の一面もあります。

当初は、「安田和博携帯大喜利への道」、「安田をR-1に送り込め」という安田さんを扱ったコーナーがありました。

3~4年前からは安田さんが新コーナーを立ち上げています
その新コーナーが採用され、番組コーナーとして用いられます。

安田さんはサンドリ、ゲスナーにとって欠かせない存在

イノシシ太郎(ブラックパイナーSOS:山野)

イノシシ太郎

サンドリにおける偉大な発明家がイノシシ太郎です。
イノシシ太郎という呼び名は有吉さんが山野さんに授けた名前です。

サンドリ出演時はイノシシ太郎の名で登場します。
最近は設定を忘れ、本名で登場します。

初期にはブラックパイナというコンビで出演していました。
その後、相方の内藤さんが永久出禁を喰らいます。

イノシシ太郎は登場機会が減りました。
歌企画やアシスタントの穴埋め要因として駆り出されます。

飛び道具的な扱い

イノシシ太郎は色物キャラとして活躍します。
ミスチル桜井さんと大巨人キャラの2本柱です

番組当初から、変わらずこの2本柱です。
徹底的にこの2つのキャラで有吉さんに立ち向かいます。

モノマネとキャラ好きな有吉さんにはハマっています
最近はメスの巨人キャラが登場しましたが、不発です。

根強い人気

イノシシ太郎は根強い人気があります。
ゲスナーの一部には狂信的なイノシシファンもいます

2017年には圧倒的な組織票で総選挙1位に輝きました。
しかし、ハッカー疑惑が浮上し、イノシシ太郎は出禁処分を喰らいます。

有吉さんはイノシシ太郎への風当たりが強めです。

皮膚エネルギー

イノシシ太郎は山野教授という役でも番組に登場します。
番組内で進められる皮膚エネルギーの研究に携わっています。

皮膚エネルギーの研究は、有吉教授と山野教授の連名で行われます。
エネルギー問題食料危機への画期的な解決策として、研究されました。

足の裏の皮

同研究は「足の裏の皮が無限にめくれる
という有吉教授の大発見が研究土台となっています。

この発見を機に、ベビーフットを用い山野教授の足の皮を剥ぎます。
そして、剥いだ足の皮を年単位、タッパーの中で密閉させます。

タッパーで醸成された皮が新エネルギー創出に繋がるという期待がありました。
皮を炙れば、食糧問題の解決にも繋がります。

研究は、複数年に渡って進められます。
しかし、いよいよ研究は行き詰まり、研究失敗が連名で発表されました。

結局、スタジオに異臭を放つだけの失敗に終わります。

皮膚水

皮膚エネルギーの研究失敗から数年。
2人の教授は新たな皮膚の研究に乗り出します。

正式な研究は諦め、スピリチュアル方向へ向かいます
新たな研究は「皮膚水

皮膚水でスキンケア」という有吉教授の発案により進められます。
標的は山崎モータースさん。

病持ちの山崎さんに高額で皮膚水を売りつけようとします。
勿論、原材料は山野教授の足の皮です。

石沢勤(新宿カウボーイ)

ヒゲ色ヒゲーバーZ

隠れた実力者が新宿カウボーイの石沢さんです。
石沢さんはアシスタント総選挙でもコンスタントに上位へつけています。

番組登場当初はかねきよさんの陰に隠れていました。
そこから年々、キャラが足されていき、今ではかねきよさんを隅へ追いやりました。

石沢さんのアシスタントスタイルは、派手な笑いこそありません。
しかし、有吉さんのボケを拾い続け、上機嫌にさせます。

石沢さんのアシスタント回は安定して面白いのがウリです。

サンドリきってのももクロのファンでも知られます。
ファンなのに、ももクロに対して冷徹な所が笑いを誘います。

感情を取り戻す

冷徹なヒゲの殺し屋こと石沢さん。
生意気なゲスナーの下へ、ヒゲの殺し屋を送りつけます。

石沢さんは感情が乏しいと有吉さんに指摘されます。

有吉さんは石沢さんの感情を取り戻そうと画策します。
商売に失敗した石沢さんの両親を執拗に罵倒。

両親への侮辱に徐々に感情を取り戻していきました。

パイしゃぶ

風俗経験のない石沢さん。
突如、おっパブ嬢のパイをしゃぶった体験談を披露します。

この告白に有吉さんが感銘をうけます。
そして「パイしゃぶ」という二つ名を与えました。

「風俗経験がないのにしゃぶれる奴はいないよ」と風俗先生有吉さんの評価を得ました。
その後「石沢、初めての風俗に行く」という設定のコントも始まりカオスは続きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。