【レビュー】『ワンピース 海賊無双3』原作を読み返したくなる

ワンピース 海賊無双3』のレビューです。

2015年に登場したワンピースの無双ゲーです。

ナンバリング作品の3作目。
原作のドレスローザ編までをストーリーに盛り込んでいます。

Amazonのレビュー3.6

4.8/10

原作が読みたくなる

ストーリーを追体験

ワンピースのストーリーを追体験します。
イーストブルー編からドレスローザ編まで膨大な戦いを収録しています。

薄く浅くなのでワンピースのストーリーを1から勉強したい人です。
原作を知っている人は読み返したくなるので巧い作りだと思います。

プレイアブル、NPCキャラもいい感じの割合で登場します。
落としとごろが上手く設定されています。

ストーリはこれだけのボリュームある内容をよく詰め込んだと思います。

 

ゲームとしては微妙

正直、ゲームとしては全く面白くありません。
ストーリーも薄く、全く没入感はなしです。

無双シリーズの爽快感も特に感じることは出来ません。

無双シリーズで爽快感を得られないと地獄です。
「○○を倒してくれ」、「○○を援護してくれ」という度重なるミッションを作業的にこなすだけです。

AIはほぼ働かないので全て、自分で倒すことになります。
そのため、マップの端から端までの移動が大変です。

戦国無双4の神速攻撃やキャラ移動のような爽快感を得たいものです。

やり込むこともない

メインストーリー、やり込みモードを一通りプレイしました。

ドリームログは結構な量が用意されています。
ドリームログの上位モード、ナイトメアモードはやる気が起きませんでした。

ハマる要素がありません。
各キャラを全て登場させて一通りプレイしたらやる事はなくなりました。

 

『ワンピース 海賊無双3』のここが凄い

能力者の再現性

戦闘プレイそのものに爽快感はありません。
しかし、キャラの固有技、特徴の違いは秀逸です。

プレイアブルキャラは全て特徴的を捉えています。
ゾオン系のキャラが少ないのが残念でしたが、ロブ・ルッチはかなり使いやすいキャラの1人でした。

ロギア系は原作同様に能力が抜きん出ています。
ただ、ロギア系の操作は難しく使いやすさは微妙です。

 

ワラワラと倒したいなら

個人的には雑魚敵をワラワラ倒すのには爽快感を感じません。
ガードやジャンプ機能がないので本格的なバトルは楽しめませんでした。

ただ、雑魚敵はかなりの数群がるのでそれを必殺技で一網打尽したい人にはおススメです。

攻撃範囲の広いキャラ(マルコ、エネル)を使って、雑魚敵を蹴散らすところに面白さを見いだせれば長続きするでしょう。

 

結論

キャラゲーとして、市民権を確立している無双シリーズの代表です。
浅く薄くがいい意味でも悪い意味でも落とし込みがしてあります。

高いゲーム性、ストーリー展開を求める人には不満足の1作でした。
原作を読み返したくなったという一面は良かったと思います。

★ゲームレビュー★
8.0~:神ゲー
6.5~:良ゲー
5.0~:悪くはない
3.5~:暇つぶし
2.0~:時間とお金の無駄

▽ゲームレビューのまとめはこちらからどうぞ

【全レビュー】PS4のゲームソフトをランキングする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。