『キングダム』残虐非道のカリスマ!桓騎(カンキ)将軍のまとめ

『キングダム』の人気キャラである秦の将軍、桓騎(カンキ)。
桓騎は作中でも屈指の残虐性ですが、人気は抜群です。

誰しもを出し抜く奇策と残虐非道な戦術で勝利を重ねる将軍です。

人気キャラ投票では、常に上位ランキングをキープしています。
今回は桓騎将軍の特徴をまとめました。

首切り桓騎

サイコの残虐性

桓騎の魅力は残虐性と残虐性がもたらす奇策です。
合理主義で相手の戦意を下げる戦術を好んで選びます。

  • 惨殺した敵兵を山にして脅迫
  • 耳や鼻を殺ぎ敵へ送る
  • 部下の残虐行為を推奨

義理人情は桓騎の前では陳腐となります。
自分の利益のためなら敵味方関係ありません。

桓騎の武功

桓騎は蒙驁将軍の副将でした。
「山陽の戦い」、「合従軍迎撃戦」、「黒羊の戦い」、「鄴攻め」など作中の主要な戦いで登場しています。

黒羊の戦いでは秦軍総大将を務めました。
鄴攻めでも秦軍総大将の1人を務めています。

今は秦軍の主要戦力の1人です。

奇策からの奇策

桓騎は大胆不敵な戦術を好みます。
合従軍迎撃戦では、敵陣に紛れ込み、大将首をあげています。

得意戦術はゲリラ戦、局地戦。
少数で敵の戦力を狩る能力に長けています。

軍の主力が野盗の群れで、桓騎のカリスマ性のみで軍律をもたらしています。

黒羊の戦いでは万単位の決戦を制すなど用兵術も巧みです。

部下が個性的に

個性的な部下

桓騎は元は野盗の棟梁です。
野盗のお頭に集う部下も個性的です。

雷土:実質№2と思われる武闘派
摩論:桓騎軍参謀で及び腰
黒桜:桓騎軍の紅一点
オギコ:間の抜けたキャラだが千人将

柄が悪い

秦軍の正規兵に比べると大分個性的な兵士が揃います。
桓騎軍は戦場における軍律が極めて緩いです。

略奪、殺人など戦地においてはやりたい放題です。
歩兵ながら敵地で強奪した宝石を纏っています。

キングダムでは戦場の暗黒面を描いています。

悪の集団

桓騎軍は楊端和軍のように戦闘集団が分かれます。

桓騎軍の各集団における結束力は皆無です。
各、野盗の集団が利害の一致で桓騎軍に身を寄せています。

山の民のような横のつながりはなく、桓騎のカリスマ性頼りです。

ゼノウ一家、砂鬼一家など凶悪な集団を内部に抱えており、反乱寸前の描写もあります。
李牧が見抜いた弱点は集団の結束力の薄さかもしれません。

六大将軍の器

六大将軍の器

「秦軍六大将軍に近い器である」と主である蒙驁将軍に認められていました。
奇抜でありながら蒙驁や張唐ら秦軍古参の武将からも認められる存在です。

単に残虐非道な将軍だけではなく、合理的判断に基づいています。

戦う手段を選ばなければ、間違いなく傑物の器です。

秦軍六大将軍には大量虐殺の白起も選出されています。
そう考えると桓騎も秦軍六大将軍の対象に入ります。

樊於期同一人物説

桓騎は史実の人物では謎の多い将軍です。
秦軍が将軍として活躍したのは事実らしいですが、晩年は不明です。

史実では、「重大な敗走をし、燕に逃亡した説」があります。
燕では樊於期と名乗ったそうです。

ただ、キングダムでは樊於期は既に登場済み(討伐済)です。

飛信隊とはバチバチ

キングダムの主人公信と桓騎は反りがあいません。

桓騎の卑劣な戦い方に信は疑問を投げかけます。
戦に正義を求める信と利己的な桓騎は水と油です。

両者とも全く違う形で身近な兵士から人望を得ています。
桓騎は圧倒的なカリスマ性で支持を獲得しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。