雑草軍団!金足農業、激闘の軌跡(奇跡)を振り返る!

夏の甲子園100回大会は大阪桐蔭の春夏連覇で幕を閉じました。

今回は惜しくも決勝で散った金足農業の軌跡を振り返ります。
金足農業の戦いぶりは、漫画化する程のミラクルな展開が続きました。

金足農業の戦いの軌跡は多くの人へ感動をもたらしました。
地方の県立校が、都会の私立高をなぎ倒していきます。

金足農業の軌跡はロマンの塊です。

金足農業の軌跡(奇跡)を振り返る

1回戦 鹿児島実業戦 C

金足農業 5 – 1 鹿児島実業

金足農業の初戦は、鹿児島の雄である鹿実との対戦です。
鹿実は鹿児島を代表する強豪校です。

金足農業の吉田投手は毎回ランナーを背負う苦しいピッチング。
それでも、要所でギアをあげて、1失点に抑えました。

打線は、菅原選手のタイムリーなどで5得点を上げました。

吉田投手は14奪三振を奪いました。

2回戦 大垣日大戦 B

金足農業 6 –  3 大垣日大

2回戦の相手は、名将阪口監督率いる大垣日大です。
一時代を席巻した強豪校です。

序盤は、共に譲らず3点ずつを取り合う接戦を展開します。
吉田投手は尻上がりに調子を上げていきます。

後半は圧巻のピッチングで大垣日大打線を封じ込めます。
吉田投手のピッチングに打線も奮起します。

終盤に3点を追加して逃げ切り勝ちを収めました。
吉田投手は13奪三振を奪いました。

3回戦 横浜戦 S

金足農業 5 – 4 横浜

ベスト16の座を懸けた3回戦は超名門横浜高校です。
名実ともに横浜高校に分があると戦前の予想でした。

ここから、金足農業のミラクルが始まります。

横浜高校はU-18代表候補である板川投手が金農の前に立ちふさがります。
板川投手の快投に金農打線は沈黙します。

一方、吉田投手は横浜打線に捕まります。
7回まで2 – 4 と劣勢ムードが漂います。

重い雰囲気を金農の6番高橋選手が打開します。
8回裏、1,2塁で高橋選手がバックスクリーンへ特大逆転HRを放ちます。

その後の奮起に応えて、9回表は吉田投球が三者連続三振で試合を閉じます。
まさに、漫画のような試合展開です。

久しぶりに高校野球で身震いしたのを覚えています。
吉田投手は14奪三振を奪いました。

MEMO
高橋選手は高校通算初めてのHR

漫画のような軌跡(奇跡)

準々決勝 近江戦 A+

金足農業 3 – 2 近江

ベスト8同士の戦いは終盤まで1点をめぐる争いとなりました。

結末は、漫画でもやり過ぎな程ドラマティックな幕切れでした。
もはやスラムダンク級の大作です。

試合は、4回と6回に近江高校がタイムリーヒットで得点を上げます。
金農は5回にスクイズで得点を奪いますが、近江高校が1点差で終盤へ迎えます。

試合は金農の吉田投手と近江の林投手の投げ合いが続きました。
金足は最終盤の9回に連打と四球で無死満塁の大チャンスを作ります。

甲子園の雰囲気は完全に金足農業の味方でした。

ツーランスクイズ

土壇場の大チャンスで金足の取った作戦は、ツーランスクイズでした。
甲子園の9回にツーランスクイズを見た覚えはありません。

金足農業はとんでもない作戦を仕掛けました。

結果は、見事に作戦が決まりました。
サヨナラ逆転ツーランスクイズ勝ちです。

もはや漫画ですら想像し得ない幕切れです。

 

準決勝 日大三戦 A

金足農業 2 – 1 日大三

決勝進出を懸けて、大都会東京の強豪校とぶつかります。
この試合も今大会の屈指の好カードとなりました。

近江戦とは逆の立場で1点差を守り切る展開でした。
最後まで手に汗握る緊迫した試合を繰り広げます。

試合は、序盤と中盤に金農が1点ずつを加えて、2 – 0 で終盤を迎えます。
8回裏、日大三の4番大塚選手がタイムリーで 2 – 1 とします。

9回裏、僅か1点差で迎えた日大三の攻撃は迫力があります。
日大三は金農の拙守もあり、一打サヨナラのチャンスを作りました。

吉田投手は崖っぷちまで追い詰められます。
最後の踏ん張りで、日大三の猛攻を退けて、辛くも逃げ切り勝ちを収めます。

 

決勝 大阪桐蔭 SSS

金足農業 2 – 13 大阪桐蔭

決勝は、高校野球史上最強の呼び声高い大阪桐蔭です。
流石の金農も大阪桐蔭の力には屈します。

最期は吉田投手が力尽きて試合は崩壊しました。
この夏、1500球以上を投じたエース吉田投手はコントロールに苦しみました。

金農が許した僅かな隙に、大阪桐蔭は徹底的につけ込みます。
宮崎選手、根尾選手の一発で勝負は決しました。

圧倒的な力の前に、ミラクルを起こした金農もここで力付きました。
大阪桐蔭の強さには脱帽です。

最後の散った様も漫画的にはいい終わり方です。

 

結論

今年の夏一番ワクワクさせてくれた
金足農業ありがとう

実写化したら面白そうでs。

吉田投手の疲労

大会途中から囁かれていた吉田投手の酷使。
連投に次ぐ連投で、大阪桐蔭戦は見ていられませんでした。

疲弊した吉田投手を残酷なまでに大阪桐蔭が打ち崩しました。
ここまで名試合を繰り広げた金足農業の線が切れてしまいました。

やはり、予選から10試合以上1人で投げ抜くのは異常な光景です。

吉田投手の活躍は素晴らしいですが、美談だけで終わらせるのはび

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。