【戦国大名を知る】「蠣崎家」最北端の戦国大名

戦国絵巻

日本全国で大名が凌ぎを削った戦国時代。
次々新たな勢力が台頭し、群雄割拠の時代に突入しました。

戦国大名はそれぞれのドラマを持ち栄枯盛衰の世を送りました。
それぞれの戦国絵巻を覗くことでそこにあるドラマを紐解いていきます。

今回は最北端の戦国大名である「蠣崎家」です。
蠣崎家は蝦夷を拠点とした戦国大名であり最果ての戦国大名として知られています。

「信長の野望」だと北海道から次々と南下するロマンプレイが可能です。
蠣崎季繁→蠣崎信広→蠣崎光広→蠣崎義広→蠣崎季広→蠣崎慶広

蠣崎家の出発点

コシャマインの戦い

1457年道南でアイヌと和人の戦いが勃発します。
アイヌは首領コシャマインを筆頭に蜂起。

コシャマインは次々と道南の拠点を攻略します。
道南十二館の内、10の館を制圧。

道南の和人は窮地に立たされました。

花沢館の蠣崎季繁の客将、武田信広が総大将として迎え撃ちます。
武田信広はコシャマインを射殺し、アイヌ勢を撃破しました。

信広の活躍により、道南における蠣崎家の影響力は大きくなりました。
道南の豪族の1つであった蠣崎家も主家である安東氏からも認められます。

武田信広

若狭武田氏の一族という説があります。
蠣崎家の客将であったが季繁に重用され婿養子に入ります。

コシャマインの戦いでの活躍により、季繁から蠣崎家の家督を譲り受けます。
蠣崎季繁を1代目の蠣崎家当主とすると信広は2代目当主です。

蠣崎家の戦国時代突入

蠣崎家は季繁、信広を経て、道南にて一定の勢力を築きました。
3代目当主は信広の息子である蠣崎光広。
→以降当主の名前には「広」の文字が入る

3代目光広と4代目蠣崎義広時代にはアイヌとの戦闘が激化していきます。
「ショヤコウジ兄弟の戦い(1515-1519年)」という争いに発展しました。

義広時代はアイヌの進攻を守り抜いたことで道南での蠣崎家の優位性が更に拡大しました。

蠣崎家台頭

義広から家督を譲り受けたのが5代目当主蠣崎季広(1507-1595)です。

季広は1545年に家督を継ぐと長らく続いていたアイヌとの抗争に終止符を打ちます。
1549年にアイヌとの和睦に成功し、道南の統治、支配権を進めます。

季広は家臣団の編成、東北地方大名との関係向上を築きます。

季広は娘13人を諸大名へ相次いで嫁がせます。
この動きは主家である安東氏の支配関係から脱却を目指したものとみられます。
蠣崎家は安東家からの兵役などを強いられていました。

蠣崎家大名へ

蠣崎家の念願

6代目当主は蠣崎慶広(1548-1616)です。
1582年に当主を父、季広から譲り受けました。

季広は1591年に天下人である秀吉に謁見します。
上洛に合わせて、根回しを進めた蠣崎家は秀吉より所領安堵と任官されます。

これにて、蠣崎家は安東家からの独立を果たします。
先代の季広は蠣崎家の念願を見届けて、死去。

松前藩へ

蠣崎家は季広が地盤を作り、慶広が発展させました。
それにより、安東家からの独立を果たし、アイヌ支配も確立します。

秀吉から獲得した朱印状はアイヌにも影響を及ぼしました。
秀吉亡き後、慶広は家康に近づきます。

蠣崎から松前へ姓を改称します。
1604年には家康からアイヌとの交易独占権を約束され、江戸幕府でも地位を築きます。

大名格になった後、江戸中期には松前藩も成立しました。

道南の小豪族からアイヌとの戦いを続けながら大名にまで登りつめた蠣崎家。

逆さ水松

南条広継の受難

蠣崎季広の家臣に南条広継がいます。
広継は蠣崎一族に重用されており、主である季広の長女を正室に迎えました。

広継の受難はこの正室との結婚から始まります。
季広の娘である正室が蠣崎家中で暴走を繰り広げます。

広継の正室は「自身が女であることから家督を継げない」ことからの妬みの暴走が始まります。

まずは、父が季広が家督を継ぐ際に、父の従兄弟である蠣崎基広をそそのかして挙兵させます。
基広は季広を殺そうとするも返り討ちにあいます。

父を殺害未遂に終わった正室は、広継に家督を継がせようとします。
正室は自身の兄弟である長兄と次兄を毒殺しました。

まさに狂気的な暴走を繰り返しました。

広継の最期

妻の暴走を止められなかった広継。
正室は自害を迫られ、広継も連座します。

広継は潔白を表明するも関与を拭うことは出来ませんでした。
広継は自身の潔白を表明するために壮絶な死を遂げます。

生きたまま棺に入り、生き埋め状態のまま死亡。

その際に、棺の上に逆さにさせた松を植えました。
「逆さに植えた松が根づければ潔白である」という主張をして、最期を迎えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。