超簡約『機動戦士ガンダム(ファースト)』を1記事でざっくり説明

アムロ、シャア、ホワイトベース、ニュータイプ。
全ての始まりである「ファーストガンダム」を超簡約して伝えます。

日本が誇るアニメ文化の礎を築く名タイトル。
ストーリー、世界観、キャラ設定などを1記事で説明していきます。

『機動戦士ガンダム』必須事項

機動戦士ガンダム』のあらすじとおさらいです。

覚えるキャラは2人だけ

全43話と広大なストーリーで登場キャラは豊富です。
細かいキャラを合わせると数え切れません。

紹介し始めると際限ないので、味方陣営と敵陣営1人ずつだけ紹介。
この2人の関係が特別でファーストは2人の物語です。

味方陣営はアムロ・レイ。敵陣営はシャア・アズナブル。
アムロ、シャアは一度は聞いたことがあるでしょう。

「親父にもぶたれたことないのに」がアムロ。
「赤い彗星」がシャアです。

戦争物語

宇宙世紀という架空時代の戦争物語です。
「一年戦争」で地球連邦軍とジオン軍が衝突します。

物語は連邦軍を味方。
ジオン軍を敵として描いています。

戦争結果は連邦軍の勝利で戦争を終えました。
ジオンを指導したザビ家は殲滅されます。

ガンダム

ガンダムとは一年戦争で開発された戦争兵器です。
ガンダムの他に「モビルスーツ」と呼ばれる有人機動兵器が次々と登場します。

モビルスーツが戦争の在り方を変えます。

物語内部

物語は地球連邦軍の少年兵に焦点を当てます。
彼らが戦争を乗り越えて成長する段階を描きます。

少年兵はホワイトベースという母艦をベースに戦います。
ホワイトベースからガンダムが発進するのが基本スタイルです。

ニュータイプ

物語の終盤から急に語られるニュータイプ。
ニュータイプは後のガンダムシリーズにおいても重要です。

ニュータイプは新しい人類とされる人間です。

ニュータイプはテレパシーのような特殊能力を持ちます。
戦場では類まれない戦果をあげ、人間兵器という扱い。

宇宙圏に進出した人類が新たに得た力がニュータイプです。
ニュータイプには資質があり、選ばれた者が物語に奥行を出します。

ニュータイプという新人類が登場して、戦争を終結されると解釈すればよいでしょう。

『機動戦士ガンダム』ここが見所

敵キャラがカッコいい

ファーストで登場する敵キャラは総じてカッコいいです。
味方キャラが未熟な青年兵なので相対的に敵キャラが映えます。

敵キャラにも信念、野望が各自設定されています。
戦場への想い入れは敵サイドからも感情移入出来ます。

シャア・アズナブル

立身出世を目指す新進気鋭のエース
主君ザビ家への復讐のため戦う

物語では終始、アムロに影響を与える

ランバ・ラル

敵ながらアムロの教官的な役割
戦場に生き様を見出す

戦場に内縁の妻を同伴させて戦う
内縁の妻も戦闘能力高い

マ・クベ

狡猾なエリート主義
時に卑劣な手を使い戦線を乱す

ドズル・ザビ

典型的な脳筋タイプの武人
脳筋でありながら戦地では勇猛

漢気があり指揮官ながら戦闘好む

ギレン・ザビ

選民思想の敵の親分
演説が巧みで大衆を扇動する

悪のカリスマ的なポジション

リアル路線

ガンダムはロボットがガチャガチャ戦うアニメではありません。

ファーストは徹底したリアル路線を貫いています。
ナチスのオマージュ、戦争難民、戦争条約、学徒動員などが背景にあります。

死傷者も大量に発生します。
戦争をリアルに描いたアニメのため大人が楽しめる理由が理解できます。

戦闘もリアル

戦闘も「必殺技で無事勝利」という予定調和はありません。

偵察からの奇襲、劣勢になったら撤退を繰り返す。
ヒット&リリースを繰り返す戦闘もシビアです。

戦場では物資も限られています。
寡兵状態で物資も限られた中、特攻を仕掛けるなど戦術もシビア。

強敵はリリースタイミングが巧みで直ぐに撤退します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。