定番海外セレブドラマ『ゴシップガール』をレビュー

1度は観るべき海外ドラマをお勧めしています。
今回は『ゴシップガール』です。

海外セレブドラマの王道作品です。
1stシーズンは2007年の作品と10年以上前ですが、脚色、演出が未だに色褪せていません。

当時は流行の最先端でNYセレブ生活のアイコンとして世に出ました。

本作の人気は根強くファッション、出演者の私生活も脚光を浴びました。
お洒落でスタイリッシュなドラマとして、特に女性へおススメです。

没入感
(4.0)
メッセージ
(2.0)
セレブ度
(5.0)
総合評価
(4.0)

ドラマ観るなら<U-NEXT>

ゴシップガール』の基本情報

ストーリー

本作は、NYに住むセレブ達の恋愛群像劇です。
アッパーイーストサイド(NY)を舞台にセレブの生活を描きます。

シーズン1~2では、高校を舞台。
シーズン3以降は大学、仕事、海外と大忙しの展開です。

ストーリーは「ゴシップガール」というセレブの匿名掲示板に宛てられたスキャンダルを中心に進みます。
この掲示板を巡り、男女間でのトラブルが乱発します。

掲示板の運営者を暴くのが最終テーマです。
最終テーマはおざなりで、スキャンダルがメインに話は進みます

基本路線は恋愛

本作の基本路線は「セレブの恋愛」です。
ひっきりなしに次々と恋愛話が進みます。

くっついたり離れたり、イチャラブした次のシーンでは険悪な関係に陥ります。
ハラハラドキドキの展開で、兎に角、恋愛色、一辺倒です。

あらゆる恋愛の悩みを題材として扱っています。
純愛、不倫、略奪愛、遠距離恋愛、友情からの発展などなど

恋愛の勉強教材としては、とても優秀な作品です。

友情も

恋愛の裏には友情が存在します。
友達同士で裏切り、画策、励ましと忙しい日々です。

昨日の恋敵は今日の友がメッセージです。
幾多の試練を乗り越えて、主要人物たちが絆を深めていく様は圧巻です。

NYでのスタイリッシュな友情が描写されています。

キャスト

主要な人物は「頭文字」で呼ばれます。
「S、B、D、N、C」がメインキャストです

S:セリーナ・ヴァンダーウッドセン
– ブレイク・ライブリー

 

本作のヒロインです
色恋沙汰の多い、パーフェクトセレブ

 

長身、ブロンド、容姿端麗、誰もが彼女の虜です
更にセレブにも関わらず、誰にでもフレンドリー

 

セリーナを演じたブレイク・ライブリーの出世作

 

 

B:ブレア・ウォルドーフ
-レイトン・ミースター

 

本作の裏ヒロイン
彼女もセレブですが、性格はセリーナと対照的です

 

完璧な人生」に憧れ、庶民を毛嫌いします
ブレアが通る道に、悪巧みありな程悪女

 

ストーリーが進むにつれて彼女の魅力に惹かれます

 

 

D:ダン・ハンフリー
-ペン・バッジリー

 

ブルックリン出身の庶民派男子
住む世界の違うセリーナへ片想いをする

 

文学に秀で、知的で優しい青年
ひょんなことからセリーナと親密な関係へ発展

ゴシップガールに翻弄される人物の典型

N:ネイト・アーチボルド
-チェイス・クロフォード

 

王子様のような甘いルックス
代々議員の家系であるセレブ

 

常に紳士で女性の憧れの的
時に優柔不断で女性を困らせます

 

家庭環境に難を抱えています

 

C:チャック・バス
-エド・ウェストウィック

 

本作の中では一番のセレブ(たぶん)
ナルシスト、強欲、自己中と横暴なキャラ

 

話が進むと人間味が露になります
ブレアとの凶悪タッグは話題豊富

 

強烈な個性のためファンも多いと思われます
俺はチャックバスだ」は名言

J:ジェニー・ハンフリー
-テイラー・モンセン

 

ダンの妹
セレブ生活に憧れ、ブレアの子分へ

裁縫能力が突出し、ファッションデザイナーへ

 

トラブルメーカーとして活躍します
ストーリー途中でリタイアし、レギュラー降板へ

 

V:ヴァネッサ・エイブラムズ
-ジェシカ・ゾア

 

ダンの友達
セレブ生活とは距離を置く貴重なキャラ

 

庶民派感覚を常に見失わず、我が道をいきます
ブレアやチャックとは敵対します

物語では視聴者感覚に近く貴重な存在です

ゴシップガール』の見どころ

ファッションショー

本作がブレイクした要因がキャラのファッションです。
NYのセレブが題材のため、ファッションへは特に注力しています。

今見ても、古さを感じず、ファッショナブルです。

華やかで彩られたセレブ生活。
その生活を体現するお洒落な洋服には注目です。

各話で催されるパーティーでのドレス
NYの街中をデートする私服
そこまでするかという部屋着

セレブ感覚

セレブ生活が基本題材です。
金銭感覚は庶民では到底想像できません。

庶民設定のハンフリー家ですら父親がミュージシャンです。
確か、離婚して離れて生活する母親は画家です。

そのため、まさにドラマとして異次元の世界を堪能できます。

●セレブ生活

パーティー→買い物→パーティー→ファッショショー
→パーティー→海外旅行→パーティー→王族と食事会
→パーティー→別荘で一服→パーティー→乗馬(ポロ)

豪華な朝食、限度額無制限の買い物、パーティー大好き
特にセリーナの金銭源は不明です。

「これ誰が払ってるの?」と突っ込むシーンは多いです。

まとめ

ゴシップガールは飽きない作品です。
シーズン4くらいからは、デジャブに襲われますが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。