最強のセットアッパー浅尾拓也の偉業を振り返る

2018シーズンを以て、引退した浅尾拓也選手の偉業を振り返ります。
今シーズンは、中日黄金期を支えた選手が続々引退していきます。

岩瀬選手荒木選手浅尾選手などのレジェンドがグラウンドを去ります。
今回は、浅尾選手の偉業を振り返ります。

最強のセットアッパー

中継ぎとして史上初

浅尾選手の偉業といえば、2011年の大活躍です。

リーグMVP
→中継ぎ選手としては、史上初
→リーグMVPはリーグ最優秀の選手(野手投手含めて)

 

●ゴールデングラブ賞
→ゴールデングラブ賞は最も守備貢献した選手
→中継ぎ投手の獲得歴はない

どちらも中継ぎ選手としては、史上初の快挙です。
リリーフとしての地位を格上げした選手の一人です。

圧倒的瞬間風速感

浅尾選手は2007年にドラゴンズに入団。
2018年に引退まで、キャリアは12年です。(2016年登板なし)

晩年は怪我との戦いでした。
選手としての主な実働期間は、2008~2011シーズンの4年間です。
この4年間が圧倒的な存在であったためにファンに強烈な印象を与えました。

2008年3位
2009年2位 月間MVP
2010年1位 歴代最高HP獲得、最優秀中継ぎ賞
2011年1位 MVP、ゴールデングラブ賞

まさに、浅尾選手の活躍は、中日の黄金時代そのものです。
特に2010年と2011年の活躍をみるとNPB屈指のセットアッパーです。

2010年の日本シリーズ

その年、72試合に登板し、史上最多の47HPを記録。
満身創痍で迎えた日本シリーズ。

落合監督から全幅の信頼を勝ち取った浅尾選手。
拮抗した試合では必ず登板機会が与えられていました。

ロッテとの日本シリーズでも4試合に登板しました。
中でも印象的なのは、日本シリーズ第7戦。

9回表から、魂の4イニングまたぎ。
シーズンで経験のない4イニング目に力尽きましたが、熱闘には心打たれました。

後日談では、ボールを握れないほどの疲労とありました。

浅尾選手のプレイスタイル

細身の剛腕

浅尾選手の体躯は、プロ野球選手とは思えないほどスタイリッシュです。
顔もドラゴンズ屈指の美形で、まさにアイドルのような外見です。

浅尾選手のウリは、剛速球です。
その細身の体からは想像できない武器があります。

平均球速は150㎞/h近いスピードを誇ります。

体をコンパクトに使った投球フォームで、
「なぜこのフォームで150出るんだ?」という疑問さえ生まれます。

尋常じゃない腕の振りとそれに対する負担が推察されます。

パームボーラー

浅尾選手の代名詞といえば、パームボール。
NPBでは、絶滅危惧種とされるパームの使い手です。

ナックルボールのように、揺れて落ちます。
鋭い腕の振りから、遅い球速で繰り出されるパーム

ロマン溢れる変化球です。

卓越した守備力

浅尾選手の特筆すべき能力は、圧倒的な守備力です。
浅尾選手の俊敏性は球界屈指です。

フィールディング、クイック、牽制と1流の投手に必須の能力を全て兼ね備えています。
盗塁王赤星選手をして、ずば抜けた俊敏性を讃えています。

実績として、中継ぎ投手としては、初めてゴールデングラブ賞を受賞しています。
全盛期の落合野球を体現した投手の一人が浅尾選手です。

浅尾選手の人柄

完全なるぐう聖

浅尾選手は謙虚な人柄です。
グラウンドでもフォアザチームの姿勢は一貫しています。

怪我に苦しみながらもひたむきに復活を目指す姿勢。
とチームの勝利に貢献する姿勢は最後まで貫きます。

グラウンドの外では、ファンサービスに惜しみありません。
ドラゴンズの女性ファン獲得の原動力になりました。

女性ファンが少ないドラゴンズの貴重なファン獲得源でした。

登板過多問題

サファテ選手の投稿

今年、ソフトバンクに所属するサファテ選手がTwitterを更新。
ツイート内容は、浅尾選手の登板過多を批判するものでした。

浅尾選手が2010年~11年に70試合以上の登板に言及しました。
→その後、浅尾選手が怪我で戦列を離れたことも起因

サファテ選手は、ドラゴンズの起用法を問題提起しました。
「チームが選手を壊した」という描写でした

浅尾選手の対応

浅尾選手は、この問題提起を一蹴しました。
「怪我と登板過多は関係ない」としました。

怪我との因果関係には疑問が残ります。
これだけの逸材が、怪我に泣いたのは悔しいですね。

それでも全盛期の中日の支えた1人なのは間違いないです。

結論

プレイヤーとしての経験、野球への想い、怪我への対応などコーチ転向が期待される選手です。
無事、二軍投手コーチとして戦列に加わりました。

コーチでもカッコよさは健在です。
野球への誠実さを感じ、ドラゴンズにとっては貴重な人材を繋ぎとめることに成功しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。