【レビュー】『アルスラーン戦記×無双』ざっくりストーリー知りたい人向け

『アルスラーン戦記×無双』をレビューします。
(個人的な見解なので参考までに)

日本のファンタジー小説が原作。
そこから漫画、アニメ化されています。

本作はアニメ作品をゲーム化したものです。

2015年に発売された和ゲーアクション。
人気の無双シリーズとのコラボ作品です。

Amazonのレビュー3.4
評価はパックリ分かれています

5.0/10

『アルスラーン戦記×無双』の特徴

爽快感は皆無

正直、無双シリーズ固有の爽快感は感じることが出来ませんでした。
戦闘スタイルは騎兵、歩兵、弓兵の3つです。

プレイ性はもさもさっとしています。
戦国無双4の神速攻撃のような攻撃はありません。

単調なコンボ攻撃を平すら繰り返すのみです。
戦略性も特になく作業感は半端ではありません。

武器種類を変えることが出来ますが、変える必要性が皆無です。

マルダーンラッシュ

本作の特徴は「マルダーンラッシュ」という戦場に出現する特殊攻撃システムです。
戦況を一気に打開したり、策略に相手をハメることが出来る仕様。

楽しむ鍵を握るマルダーンラッシュですが難易度普通だと、空振りに終わります。
状況を打開する意味合いが薄れ、効力を発揮しません。

 

難易度は難しい以上で

難易度普通だと最後まで平坦な道のりを歩むことになるでしょう。
タイムミッションには苦しみますが、戦闘に敗北することはありません。

ストーリー上は、アルスラーン側が苦しむように設定されています。
それが難易度普通だと苦しむことなく目の前の壁を突破していく作業に陥ります。

要所で挟む一騎討ちなどは新鮮さがあります。
その新鮮さをより楽しむには難易度を上げるしかありません。

ただ、難易度を上げると敵将のシールド能力が跳ね上がると思うのでゲームバランスは崩れるでしょう。

 

『アルスラーン戦記×無双』のここが凄い

物語を知らない人向け

アルスラーン戦記の物語を知らない人にとっては良ゲーです。
プレイパートと勝るとも劣らないボリュームで演出パートがあります。

演出パートはアニメ描画とオリジナル動画を組み合わせています。
ほとんどアニメ描で繋がります。

物語を知らない人はストーリーを丁寧に教えてくれるので助かりました。

物語の内容も面白く騎兵戦が好きな人はハマると思います。
個人的にはストーリーが気になるので漫画を購入を決断出来ました。

ゲーム内では完結しない

ストーリーはパルス王国が戦争に敗北するところから始まります。
王子アルスラーンが王国を追われ、王都を奪還するのがゴールです。

ただ、ゲーム内ではストーリーが完結していません。
敵国ルシタニア軍も健在、宿敵であるヒルメスも健在のままストーリーが終わります。

原作との兼ね合いで落としどころは難しいでしょう。
それにしてももう少しゲームストーリーを大切にして欲しい印象。

 

やりこみ要素はそれなりにある

スキルカードというパワーアップ要素があります。
スキルカードはレアリティがあり、それを組み合わせることでプレイヤー能力を高めることが出来ます。

プレイアブルキャラについては原作を知らない人にとっては丁度いい数です。
登場人物が多すぎると覚えられないので、数が多ければいいとは思いません。

ストーリーを知っている人には物足りないと感じる人もいるかもしれません。

 

結論

アルスラーン戦記へのつなぎ役としては十分に合格点を果たしています。
ゲームとしての完成度は正直微妙。

原作に興味がある人でなければ出来レースにうんざりするかもしれません。
個人的にはストーリー1周でお腹いっぱいでした。

★ゲームレビュー★
8.0~:神ゲー
6.5~:良ゲー
5.0~:悪くはない
3.5~:暇つぶし
2.0~:時間とお金の無駄

▽ゲームレビューのまとめはこちらからどうぞ

【全レビュー】PS4のゲームソフトをランキングする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。